[国民投票/住民投票]情報室
更新:2014/07/08 次回更新予定:2014/08/01

 お知らせ





  • 「生駒市市民投票条例制定の足取り」を掲載しました。(2014/07/08)

    2014年6月24日に可決された生駒市市民投票条例。その制定までの足取りを、同市会議員の塩見牧子さんに当事者の視点でまとめていただきました。是非ご覧下さい。

     2014年(平成26年)6月24日午前10時前の生駒市役所5階。赤い絨毯が敷き詰められた議会フロアには、議会事務局職員のほか市長部局の男性職員も数メートル間隔で本会議場を取り囲むように立哨。その合間を掻い潜るように議場に入りました。

     一か月前。6月定例会に山下市長が「生駒市市民投票条例案」を提出すると報道されるや、周辺はにわかに騒がしくなりました。駅前で条例制定の反対署名が展開され、直接訪問、電話、ファックス、手紙などあらゆる手段を用いて反対意見が届けられました。
     反対の主な理由は二つ。一つは永住外国人等への投票資格付与は外国人参政権につながり、国益が損なわれるというもの。もう一つは、住民投票そのものが議会制民主主義の否定であるというものです。
    ……⇒続きはこちら

  • 発議署名収集期間を政令市並みの2カ月に
    明石市の常設型住民投票条例検討委員会が大詰め
    (2014/07/08)

    市民自治あかしの代表世話人・松本誠さんより、明石市の常設型住民投票条例制定に向けた最新ニュースをいただきました。

     明石市は昨年8月から常設型住民投票条例の制定へ向けて、市民参画の検討委員会で条例案を検討してきたが、7月に予定している答申案で発議署名の収集期間を政令市並みの2カ月とし、署名には押印をなくすなど、署名収集のハードルを下げる案をまとめた。
     発議に要する署名数は、有権者数の「6分の1」と「10分の1」の意見が対立してきたが、6月6日に開いた第8回検討委員会では激論のうえ、両者の中間をとった「8分の1」でまとめる方向へ調整中だ。また、投票資格は18歳以上、永住外国人らも含めることを決めている。
     同市では2010年4月に自治基本条例を施行し、常設型住民投票条例を制定することを盛り込んでいたが、……⇒続きはこちら

  • 【一部動画一般配信中】[パネルディスカッション/住民投票の新しい波]を視聴してください!(2014/05/13)




    【無料公開動画↓】


    「原発」「基地」「産廃」「ダム」…、新潟県巻町や、沖縄県名護市など、かつて住民投票は反対派が「最終の武器」として実施を求め、推進派の首長や議会の多数派がそれを拒むというのが通例でした。
    ところが、近年、長野県佐久市や埼玉県北本市などでは、文化施設や新駅の建設などをテーマに、反対派ではない首長、議員が進んで住民投票の実施を提案し、執行する新しい波が起こっています。彼ら(首長、議員)はなぜ住民投票を肯定し活用したのか。
    「反対派の武器」から「市民自治のツール」として広がる可能性をもち始めた住民投票について、当事者を交え語り合いました。(4月26日開催)
    この模様を収録した動画を掲載しました。

    動画は会員専用としますが、当日の模様の一部を一般公開致します。ご覧ください。

    登壇者など、詳細はこちら⇒チラシ

    ★本会の会員はこのパネルディスカッションの模様(合計2時間23分)を自由に視聴できます。
    まだ入会されていない方は、この機会にぜひ会員登録を! お友達にも入会を呼びかけてください。
    ※このシンポジウム「住民投票の新しい波」は3時間にわたって行われましたが、今回、公開した動画は2割ほど割愛しています。
    ★会員にはならないが「収録USBメモリー(11GB)」がほしいという方は、当会へ申し込んでください。送料込3000円で数日以内にお届けします。

    >>会員の方(動画ページに移動します)
    >>会員申込み



  • 「住民投票条例セミナー」の動画が視聴可能に!(2014/04/08)




    2月23日に開催された「住民投票セミナー」は、遠方からの参加者もおられ、大変充実した内容となりました。
    今回このセミナーの動画(約2時間30分)を、情報室会員に登録されると、すべて視聴できるという特典を追加しました。
    住民投票の直接請求や執行した首長、議員などが、現場を経験したからわかる実践的な話、実態、そして理論を多彩な講師陣がわかりやすく解説しています。ぜひこの機会に、市民自治、市民参加のツールとして可能性を秘めた住民投票について学んでみてください。そして、私たちと仲間になって、住民主権・市民自治を実践していきませんか?
    [国民投票/住民投票]情報室では会員登録募集中です。登録会費は3,000円(1年)。会員ページでは、日本の住民投票のみならず、海外の国民投票などの情報も掲載しています。

    今回、特別にセミナーの一部【日本における住民投票の動き 塩見牧子(約12分)】を一般公開いたします。まずは、ご覧下さい。尚、すでに会員の方はログインして視聴していただけます。



    >>会員の方
    >>会員申込み


  • 集団的自衛権行使容認問題を考えるパネルディスカッション開催

    安倍政権がねらう解釈改憲による集団的自衛権の行使容認問題を考えるパネルディスカッション
    「Yes 立憲主義 No 解釈改憲」
    を開催します。

    パネリスト
    小林 節(慶應義塾大学名誉教授)
    福島瑞穂(社民党副党首)
    今井 一(『「憲法9条」国民投票』著者)

    コーディネーター
    内田 誠(ジャーナリスト)

    日時:2014/04/12(土)14:30〜17:00
    場所:YMCAアジア青少年センター(千代田区猿楽町2-5-5)
    参加費:500円
    申し込み・お問い合わせ:rikkensyugi@gmail.com
    主催:[国民投票/住民投票]情報室
    後援:デモクラTV(インターネット放送)

    チラシ:↓クリックするとpdfファイルが開きます。



  • 「住民投票条セミナー」が終了しました。(2014/02/28)

    2月23日(日)、「住民投票条セミナー」を開催しました。
    詳細

    出席していただいたみなさん、ありがとうございます。


    セミナー風景


    このセミナーの模様を収めた動画と当日配布した資料を5000円(送料込)で販売致します。
    メールで当会までお申し込みください。
    E-mail:info.ref.jp@gmail.com


  • 都知事選候補者による公開質問状回答の問題点を指摘しました(2014/02/04)

    1月23日、以下の3候補者に公開質問状を各選挙事務所へFAXにて送付し、受取確認(電話)しました。
    舛添要一
    宇都宮健児
    細川護煕

    公開質問状の内容・回答
    回答の問題点


  • 「埼玉県北本市で実施された住民投票について」を掲載しました(2013/12/24)

    12月15日(日)埼玉県北本市では「新駅建設の賛否を問う」住民投票が行われました。今回の住民投票の市長・議会・住民の動きは、実施決定から投票後まで、「市民自治」の観点から非常に興味深いものでした。
    その内容をレポートします。

    「埼玉県北本市で実施された住民投票について」

  • [国民投票/住民投票]情報室の会員そしてHP訪問者のみなさま(2014/01/04)

    新年、明けましておめでとうございます。

    HPでも紹介していますが、昨年は、北本市で画期的な住民投票が実施されました。こうした首長・議会が増えれば、日本の市民自治は大きく前進します。
    ところが、メディアのみならず住民投票に関心のある市民でさえ何が画期的なのかわからないようで、この住民投票はほとんど話題になっていません。だからこそ本会では大きなスペースを割いて紹介、解説しています。近々、北本市へ赴き市長への直接取材も考えています。何が画期的なのか、ぜひリポートを読んでみてください。

    私たちは、情報の収集・発信を国内に留めず、スイスで行なわれた国民投票についても詳細にリポートしています。これは、ドイツ在住のジャーナリストで本会のメンバーでもある大芝健太郎さんに現地へ入ってもらい書いていただいたのですが、大変好評でした。

    今年もこうした活動を続けていきますが、2月には10年ぶりに、自治体職員、首長、議員向けの「住民投票セミナー」を開講します。「会員」の皆さんで受講したいという方は無料参加を認めますので、ぜひお越し下さい
    内容・お申込み方法など詳細はこちら

    では、本年もよろしくお願いします。


  • 「スイス国民投票総括」を掲載しました。(2013/12/10)

    11/24にスイスで実施された国民投票の現地レポートを執筆していただいたドイツ在住のジャーナリスト大芝健太郎さんから、「スイス国民投票総括」が届きました。
    現地の人たちへのインタビューなど貴重な情報を伝えてくれています。
    是非ご覧ください。

    スイス国民投票総括
    スイス国民投票の現地レポート第1回
    スイス国民投票の現地レポート第2回
    スイス国民投票の現地レポート第3回
    ※この連載の一部は会員ページでのみご覧になれます。
    この機会に、どうぞ当会の会員にご登録下さい


  • スイス国民投票の現地レポート第3回を掲載しました。(2013/11/26)

    11/24、スイスで国民投票が実施されました。
    当サイトでは、ドイツ在住のジャーナリストの大芝健太郎さんからの現地レポートを掲載しています。
    第3回は投票結果についてのレポートです。

    スイス国民投票の現地レポート第1回
    スイス国民投票の現地レポート第2回
    スイス国民投票の現地レポート第3回
    この連載の一部は会員ページでのみご覧になれます。
    この機会に、どうぞ当会の会員にご登録下さい


  • ベルリン住民投票の現地レポートを掲載しました。(2013/11/17)

    去る11/3、ベルリンで実施された住民投票の現地レポート【全3回】の第2回(一部)を掲載しました。第2回の全部、及び第3回は会員ページでご覧いただけます。この機会に、どうぞ当会の会員にご登録下さい

    ベルリン住民投票の現地レポート第2回(一部/一般)
    ベルリン住民投票の現地レポート第2回(全部/会員ページ)

  • 11/8、山口県で「環瀬戸内」原発住民投票に向けて講演・討論会が開催されます(2013/11/07)

    伊方、上関という2つの「環瀬戸内」原発に焦点を当てて、脱原発・エネルギー政策など国策の行方や再稼動・新増設の是非を住民が自ら決める「県民投票」の可能性を含めて、これからの地方自治や民主主義のあり方を議論いたします。

    登壇者:
    宮台真司(首都大学東京教授、みんなで決めよう「原発」国民投票代表)
    田中 優(未来バンク事業組合理事長)
    小出裕章(メッセージ参加)
    今井 一([国民投票/住民投票]情報室 事務局長)

    日時:2013年11月8日(金)13時半開場 14時〜17時
    場所:周南市民館 小ホール
     (周南市岐山通り1-4 電話0834-22-8650)
    チラシ(pdf 836KB)


  • 楢葉町中間貯蔵施設住民投票条例案の提出者に聞く(2013/10/31)

     福島県双葉郡楢葉町議会は9月24日、「中間貯蔵施設設置の賛否を問う住民投票条例案」を賛成5反対6で否決しました。
     この条例案は結城政重町議が議員提案したものです。今回、結城町議に経緯などを伺いました...
    続きはこちら


  • 2013/11/24、スイスで国民投票が実施されます(2013/10/30)

    2013/11/24に予定されているスイスでの国民投票のレポートを当サイトに掲載いたします。会員向け記事となる予定ですが、一部は一般の方にも閲覧できるように致します。楽しみにお待ちください。

    なお、この国民投票についての参考リンク集を作りましたのでご覧ください。
    2013/11/2スイス国民投票の参考リンク集



  • 公開討論会「〈解釈の見直し〉による集団的自衛権の行使容認問題を考える」での枝野氏発言をまとめました(2013/10/19)

    2013/10/05開催された当会主催の公開討論会「〈解釈の見直し〉による集団的自衛権の行使容認問題を考える」(登壇者などはこちらをご覧下さい)での枝野幸男氏(民主党憲法総合調査会長)の発言より、立憲主義擁護の観点から解釈変更による行使容認は許されないというところを中心にまとめました。 ⇒こちら


  • 「国民投票の諸形式及びスイスにおける制度・ルール」を解説しました。(2013/10/15)

    国民投票の諸形式及びスイスにおける制度・ルールについて簡単に解説します。
    こちら


  • [国民投票/住民投票]情報室会員のみなさまへメールを発信しました(2013/10/14)

    さきほど、会員の皆さまに「[国民投票/住民投票]情報室の会員のみなさまへ」というタイトルのメールを発信しました。
    内容はこちら



 更新情報
 トピックス
[国民投票
 /住民投票]
情報室
[国民投票/住民投票]情報室の開設にあたって    トピックス    お知らせ    会員ページ    運営委員会    本会運営委員によるコラム「室内アンテナ」    会員募集(入会申込)    ニュース    講師派遣    書籍紹介    (旧)住民投票立法フォーラム会員の皆さんへ    メール   
国民投票法 イヤでもわかる!国民投票法案(連載)    改憲の是非を問う国民投票─その意味とルールを考える(連載)    ニュース    国民投票を知る   
住民投票条例 住民投票の10年    岩国市の住民投票    実施必至型(常設型)住民投票条例一覧    在日外国人の地方参政権と住民投票    ニュース    住民投票制度を拡充するための地方自治法改正の試案   
会員ページ
(本会の会員
のみが閲覧
できます)
>>会員申込み
  はこちら
住民投票の実施・拒否をめぐる動き(1979年以降)    国民投票法案をめぐる主な動き 2006年/2007年    実施必至型(常設型)住民投票条例一覧    住民投票関連ニュース   
特集:   
愛媛県大洲市    講座『自治体合併と住民投票』    日本自治学会研究会の「住民投票」分科会での報告    『住民投票と議会』 (『議長会報』No311)     報告:ドイツ・ハンブルクの住民投票制度    三重県海山町─原発誘致の住民投票─    『徳島』以降、〈住民投票〉はどう展開しているか    静岡空港住民投票    住民投票を終えて(埼玉県上尾市)    ルポ─02.03.31 滋賀県米原町の住民投票─    香川県三野町住民投票 出口調査の分析結果
 
  
 国民投票
 住民投票

会員ページより..

会員ページでは本会独自のさまざまな情報を提供しています。例えば「住民投票の実施・拒否をめぐる動き」。1979年以降、地方議会に上程された住民投票条例案のテーマ・提案者・可決/否決・議決日・投票実施日を1000件以上網羅しています
また、新たに投票権年齢、永住外国人の投票権の可否についても300件以上調査し、データを追加しました。

議 決 日 自 治 体 テ ー マ 形 式 実 施 日 関連記事他
1979.02.01 立川市(東京都) 米軍立川基地の跡地利用 直→×        
1995.10.03 巻町(新潟県) 原発建設に関する住民投票条例の改変 直→○     ☆96.08.04  
1996.06.21 沖縄県 米軍基地の整理縮小 直→○     ☆96.09.08  
1999.06.21 徳島市(徳島県) 吉野川可動堰 議→○     ☆00.01.23  
2000.12.26 刈羽村(新潟県) 刈羽原発プルサーマル計画の導入 議→○        
  2001. 01.05 町長が上記議決に対して再議権を発動 廃案        
2001.04.18 刈羽村(新潟県) 刈羽原発プルサーマル計画の導入 直→○     ☆01.05.27  
2003.06.19 与那国町(沖縄県) 周辺自治体との合併 首→○ ☆04.10.16 ※中学生以上
記 記 記
2004.03.15 岩国市(山口県) 「常設型」住民投票条例の制定 首→○ 20 施:04.10.01
    △米軍艦載機移駐の賛否 首長発議     ☆06.03.12 記 記
  06.03.20 上記の住民投票条例は廃止となる 廃止     合併による
2004.09.22 東串良町(鹿児島県) 周辺自治体との合併 議→○     実施せず
2005.01.24 富合町(熊本県) 周辺自治体との合併 直→○ 18 ☆05.03.13 記 記
2005.03.08 野市町(高知県) 周辺自治体との合併 首→○ 20 ☆05.03.27
 →不成立
記 記
2007.10.26 四街道市(千葉県) 地域交流センター建設の賛否 直→○ 20 × ☆07.12.09 記 記
 直=直接請求 首=首長提案 議=議員提案
 ×=否決 ○=可決及び修正可決 
 ☆=住民投票を実施 △=実施必至型(常設型)条例での投票テーマ
 「年」=投票有資格者の年齢 18=満18歳以上、20=満20歳以上、※=注記参照 (実施された住民投票のみ)
 「外」=永住外国人の投票権 ○=可、×=不可、※=注記参照 (実施された住民投票のみ)

 上記は抜粋です。現在、1000件を超える情報を蓄積しています。 また、これらに関わるニュースも蓄積しています。

住民投票関連ニュース」の一例

岩国市の住民投票結果に関するニュース

また、「国民投票法案をめぐる主な動き 2007年」ではいよいよ大詰めに来た国民投票法に関連する動きを一覧で御紹介しています。
特集」では岩国市や米原町など、全国的にも話題となった住民投票について詳細に検討しています。これらはこれからの住民投票/国民投票を考える上で重要な資産となる貴重な資料だと自負しています。

これらの貴重な資料を蓄積するにはコストがかかります。是非[国民投票/住民投票]情報室の会員となり、活動を支えてください。


会員募集

[国民投票/住民投票]情報室の会員を募集しています。
年会費:
個人会員 3000円/年
法人会員 30000円/年
会員は本サイトの会員専用ページにアクセスできます。
報道機関などが本会が収集したデータを記事に使用する場合は記事に出所を明記していただくと共に、本会への法人会員の登録が必要です。


(旧)住民投票立法フォーラム会員の皆さんへ

 [国民投票/住民投票]情報室スタートに際して、2006年8月に解散した「住民投票立法フォーラム」がこれまでに収集し蓄積した情報資産を「情報室」に移します。これは情報資産の移行であり、組織の継承でも合併でもありません。
 (旧)住民投票立法フォーラムの会員は、「情報室」のHPの会員ページを閲覧することができます。ただし、閲覧できるのは(旧)住民投票立法フォーラムでの会員期間(入会日より1年)内とさせていただきます。期限が切れましたら、ぜひ「情報室」の会員として御登録ください。なお、「住民投票立法フォーラム」のページは06年12月末日をもって閉鎖させていただきます。いつもアクセスしてくださり、ありがとうございました。


リンク
 
※本サイト掲載のデータは、会員・非会員にかかわらず無断転載禁止です。
 
©2006- Direct Democracy Information Center All Rights Reserved.
Powered by 文系企画